安全に暮らしたいなら地質調査をするべき!

このエントリーをはてなブックマークに追加

試験結果の正しい評価方法

重機の模型

平板載荷試験は、実際の構造物に見合った荷重を、地盤に加え載荷荷重と沈下量の関係から地盤の支持力や地盤反力係数を求める事ができる試験です。また結果もその場ですぐにわかるというメリットがありますが、作業スペースを広くとる必要があるのが難点です。

Read

専門業者で責任ある調査を

女性

土壌汚染調査を行う場合、調査結果が公的に証明出来る物である必要があります。その為、調査は専門業者に委託する必要があります。専門業者に委託すれば、調査結果が信頼出来るだけでなく、調査の対象物質の絞り込み等でも信頼出来る提案を得られるので安心です。

Read

必要不可欠な作業

工事現場

近くても違う地質

地質調査とは、地面の中の性質を調べることを言います。日本の土地は狭く、山や傾斜地、地盤の弱いところにも、建造物を建てなければならない場合があります。地盤の弱いところに建造物を建ててしまうと、建物が傾いたりと重大な事故につながってしまいます。世界で有名なものでは、ピサの斜塔が挙げられます。地盤に適した工法で建てるためにも、地質調査はとても重要な作業です。地質調査で注意することは、近くの土地だからと言って、同じ地質ではないということです。少し離れただけでも、全然違う地質になっている時もあります。住宅を建てる際などでは、敷地内でも地盤の固さが異なることがあります。その他にも、地質の種類や近所に河川がないか、などのチェックも必要です。

大切な調査

地質調査では、とてもたくさんの事柄を知ることができます。地層の構造や地盤の強さ、地すべりや液状化しないかどうか、有害物質が含まれていないかどうかなど、他にもたくさんのことがわかります。地質調査の方法で一般的なのが、スウェーデン式サウンディング調査とボーリング調査です。住宅を建てる場合は、スウェーデン式サウンディング調査が主な方法です。地質調査は義務付けられているわけではありませんが、大手の住宅メーカーの殆どは調査を行っています。調査を行うことで、地盤を強固にすることができ、大きな災害にも耐え得る住宅を建てることができます。改良が必要な土地は、全国的に見て3分の1程度もあると言われています。この数値からも、地質調査は必要不可欠な作業であると言えます。

地震の被害を軽減する

工事

地震の際に弱い地盤で砂の層と水の層が分離し、建物が傾いたり地面に亀裂が入ったりする現象が液状化です。液状化対策としては地盤を締め固めたりセメントで固化したりするほか、砕石パイルを埋め込む工法などがあります。

Read