試験結果の正しい評価方法|安全に暮らしたいなら地質調査をするべき!

安全に暮らしたいなら地質調査をするべき!

このエントリーをはてなブックマークに追加

試験結果の正しい評価方法

重機の模型

平板載荷試験平板載荷試験とは、地盤の強度試験のひとつで、実際に基礎を設置するところまで掘削し、円形の載荷板を設置し特殊なジャッキに大型のバックホウなどで反力荷重を徐々にかけていきます。その時の載荷荷重と沈下量の関係から地盤の支持力や反力係数を求めます。平板載荷試験は、一般的にはその作業スペースを広くとるため、道路の路床部分で利用されることが多く試験結果をもとに道路の設計が行われます。また住宅などの構造物が対象の平板載荷試験は、設計荷重の3倍以上もの試験最大荷重を必要としますので注意が必要です。さらに平板載荷試験を行う場合は、荷重が一定方向に偏らないように地表面を平らにする必要があります。そして試験結果の正しい評価をするためには、SWS(スウェーデン式サウンディング)や土質試験の結果も併用する必要があります。

平板載荷試験は、地盤に直系30cmの円形の載荷板を置いて、その周りにジャッキやダイヤルゲージなどを設置します。そのため地盤を平らに整地しておく必要があります、でこぼこしていると荷重が均等にかからず正しいデータをとる事ができないのです。つまり地盤の変形や乱れを避けるため試験当日に整地をすることが望ましいのです。また平板載荷試験を行うには組み立てや解体が安全で楽にできるよう周囲に不要なものがあれば片づけておく必要があります。すべては正しいデータをとるために必要な事です。しかし同一の試験エリアであっても異なる結果が出る事もあります。正しい試験結果の評価をするためには、SWS(スウェーデン式サウンディング)の結果や土質試験の結果を参考にして評価する必要があるのです。