地震の被害を軽減する|安全に暮らしたいなら地質調査をするべき!

安全に暮らしたいなら地質調査をするべき!

このエントリーをはてなブックマークに追加

地震の被害を軽減する

工事

弱い地盤で発生する現象

地震では揺れそのものによる建物の倒壊のほかに、液状化による被害にも注意する必要があります。特に埋立地など、砂が緩く積もっている地盤では、地震によって砂の層と水の層が分離し、水だけが浮いてきます。これが液状化で、建物が傾いたり不同沈下したりするほか、地面の亀裂や埋設管の破損が起きることもあります。地盤の弱い分譲地が多い日本では、液状化の可能性が国民の大きな関心事となっています。建築基準法施行令では、液状化対策が建築会社の義務とされています。液状化が起きて建物に被害が及んだとき、責任問題が発生することは避けられません。適切な液状化対策はリスクを低減させ、建築物の価値を高める意味でも注目を集めています。

地盤強化の方法

液状化対策には、まず地盤の正確な調査が欠かせません。一般にはスウェーデン式サウンディング試験が行なわれますが、さらに精密に調査する方法も実施されています。液状化の可能性が確認された場合は、周囲の状況やコストに応じた液状化対策が必要です。基本的な対策としては、砂を入れて地盤を締め固める方法や、セメントを注入して地層を固化する方法などがあります。また砕石パイルを埋め込んで建物を揺れに強くすると同時に、地震の際にはパイルを通して地下水を排出させ、液状化が起きにくくする工法もあります。液状化が起きて建物が損壊したときのコストを考えれば、今後の液状化対策は必要不可欠なリスクマネジメントと言えるでしょう。