専門業者で責任ある調査を|安全に暮らしたいなら地質調査をするべき!

安全に暮らしたいなら地質調査をするべき!

このエントリーをはてなブックマークに追加

専門業者で責任ある調査を

女性

公的に証明できる業者を

土地の売買や開発等を行う場合、その前に土壌汚染調査をしなければならない事があります。対象となる土地の土壌が、化学物質に汚染されていないかという調査は、使用者からすると必ず行うべき調査と言えるでしょう。その調査について、様々な化学物質の有無や濃度を調査をする装置や器具等が販売されていますが、個人個人でそれらを購入した上で自主的に汚染物質の調査をした場合、調査結果は公的に認められる物とはなりません。土壌汚染調査を行う大きな目的の一つは、開発や売買に伴う汚染の有無の確認する事です。ですので、調査結果が公的に認められる物である必要があります。土壌汚染調査は、しっかりとした責任ある専門の業者に依頼すると安心です。それらの専門業者は調査経験も豊富なので、調査の目的に合わせて最適な調査の提案を行ってくれます。

目的と対象物質を明確に

一口に土壌汚染調査と言っても、汚染物質には非常に沢山の種類があります。土壌汚染対策法で定められている特定有害物質だけでも、25種類もあります。それら全てについて精密な土壌汚染調査を実施した場合、費用も膨大になり、時間も掛かります。それを避ける為には、必要に応じて調査対象とする物質を予め選定する必要があります。それらは専門の業者に相談するとある程度絞り込める場合があります。土壌汚染調査の目的が何なのか、宅地開発なのか工場建設なのか、それ以外なのかによって必要とされる調査の精度や対象物質が異なるので、調査の前に詳細な打ち合わせを実施して調査項目の絞り込みを行うと、費用や時間を最適化する事が出来るのです。